曽木の滝

CIMG0708 CIMG0710 CIMG0722 CIMG0724 CIMG0725 CIMG0728

曽木の滝

所在地

鹿児島県伊佐市大口宮人628番地41→曽木の滝の地図

■TEL

0995-23-1311

感想(レビュー)、見所

豪快な滝を感じることができる素晴らしいスポットです。

敷地の広さもさることながら、食事処も多くありカップルにも

家族連れにもお勧めなスポットです。

曽木の滝公園案内図
(以下、看板より転記)
========

滝展望所、清水神社、水門橋、洞窟きのこ園
展望台、たいこ橋、洞窟、遊具広場

レストラン・土産品店街

花かっぱ亭、花むしろ別館、なりざわ、花むしろ
========

洞窟きのこ園入口
(以下、看板より転記)
========

地下きのこ園を通って、滝展望所の近くに出られます

光と影の地底空間

「洞窟きのこ園」への誘い
洞窟きのこ園は旧曽木発電所への導水路跡を利用した地下の
観光施設です。
今も明治の面影を強く残している道水路跡-。
地底環境を利用したきのこ栽培や、きのこミュージアム、
曽木の滝周辺で捕れた大鯉(コイ)や大鯰(ナマズ)が水槽内
で泳ぐ様はまさに幻想の世界です。
(園内ではきのこ狩りもできます)
入園料(大人200円、小・中学生100円)
========

清水神社 [御祭神]瀧津姫命
(以下、看板より転記)
========

由緒

当神社は「縁結び安産文筆の神」として、1000有余年、
滝と観音渕を望める絶景の地に鎮座されていたが曽木の滝
の観光開発の為現在の場所に移されました。
昔から神社は出合いの場と謂れ、殊に祭りの日は、夜更けまで
神楽が有り、境内は多くの人々で賑わったと伝えられています。
神社と曽木の滝は一体として崇敬され今より約八九〇年前、
性空上人が神社に参り歌を詠まれています。
又、天正十五年五月豊臣秀吉公が関白陣よりの帰途境内から
滝を見物されたと伝えられています。

祭日

春=桜祭:四月三日
秋=紅葉祭:十一月二十三日
稲荷大明神の分霊をお祈りしています。
========

はっけん豆知識
(以下、看板より転記)
========

道水路

発電所へと水を送るために使用されていた施設。
現在は旧発電所跡を利用した散策路となっており、
当時の歴史を感じながら散策できる。
========

神社があったり

CIMG0735

トンネルがあったり

CIMG0736

くぐってみる

CIMG0739

このまま進むとあったらし村というのがあるみたい

CIMG0744

ただっぴろい広場に出た

CIMG0748

よく見るとまだ先に道が・・

CIMG0749

進むか戻るか迷うレベル

CIMG0754

やっと山道抜けれそう

CIMG0760

と思いきや・・今度は湿原地帯

CIMG0764

アナコンダとかいそうで恐い

CIMG0767

やっと脱出

CIMG0768

あったらし村到着!

CIMG0772
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島を一人で孤独にバイクで探検しています。 もしこのページの記事の場所に行ったことがありましたら 行かれた感想などをレビューとしてコメントしてください^^