南瀬の夫婦イチョウ

CIMG0596 CIMG0597 CIMG0598

南瀬の夫婦イチョウ

所在地

鹿児島県薩摩川内市東郷町南瀬→南瀬の夫婦イチョウの地図

感想(レビュー)、見所

時期はずれの調査でしたが、夫婦イチョウで両方とも

巨木なのでシーズン中は金色にそまりそうです。

 

薩摩川内市景観重要樹木
(以下、看板より転記)
========

第1号 南瀬の夫婦イチョウ(雄株)

高さ23m、周り3m95cm
雄株は、故久松源左衛門氏(大塚)が海軍兵役中、日露戦争(1905年終戦)
に参戦、凱旋記念に佐世保から帰郷の際イチョウの実を求め我が家に蒔いて
翌年一年生苗を権現下の旧南瀬小学校の正門に植える。
小学校移転の為現在地に移植する。
大きくなっていたので当時の児童が手車に積んで運んだそうです。
2011年3月28日指定
========

薩摩川内市景観重要樹木
(以下、看板より転記)
========
第2号 南瀬の夫婦イチョウ(雌株)

高さ20m、周り2m62cm
雌株は、故小林勘左衛門(明治8年生)が17歳の時に種を蒔いて小さい苗を鍬の
上にのせて権現下の小学校に植えた。
小学校移転の為現在地に植える。
毎年いっぱい実をつけ、校区の貴重な財源になっている。<br>
先人に感謝すると同時に南瀬の子供たちがイチョウのようにたくましく
育って欲しいと願います。
2011年3月28日指定

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島を一人で孤独にバイクで探検しています。 もしこのページの記事の場所に行ったことがありましたら 行かれた感想などをレビューとしてコメントしてください^^