龍門司坂

所在地

鹿児島県姶良市加治木町木田高井田→龍門司坂の地図

感想(レビュー)、見所

ここはロケ地になるべくしてなった場所って感じですね。

杖をつきながら当時に思いはせて石畳を最後まで歩いたんですが

軽くタイムスリップしたような感覚を覚えました。

コケがびっしり生えた感じが年季を感じさせます。

雨の日などの滑りやすい日は注意が必要です。

国指定史跡に指定された龍門司坂

(以下、看板より転記)
========

江戸時代、加治木は、鹿児島を起点に、栗野・大口を経て、水俣から
肥後につながる主要街道から、日向方面に分かれる分岐点にありました。
ここには大きな港もあったため宿場が発達して、人や産物・情報の集まる
場所として栄えてきました。
この繁栄の証しが龍門司坂で、平成十八年七月二十八日付け、「我が国の
近世の交通を考える上で貴重である」として、国の史跡に指定されました。
龍門司坂は、寛永十二年(一六三五)に開かれました。
大名行列や物資の搬出などに使われ、江戸と薩摩を結ぶ重要な街道でした。
しかし、この坂道は粘土質で滑るうえ、風雨による決壊がひどかったため、
元文六年(一七四一)加治木領主島津久門(注)の時代に、木田村樋ノ迫の石材を
切り出して石畳が敷かれました。
全長は一五〇〇mあまりといわれていますが、現在は約五〇〇mが当時の姿で
残っています。
明治十年(一八七七)の西南戦争の時、熊本へ向かって発進した西郷軍も、この
坂道を登って肥後人吉へ向かっています。
このとき加治木の人々は道沿いに太鼓・三味線を演奏して送り出したそうです。
平成元年と二年には、NHK大河ドラマ「飛ぶが如く」の撮影も行われました。
(注)島津久門は後の第二十四代藩主重年。
「宝暦治水」の時の藩主。
近くの石切場に直筆の「山神」の祠があり、当時の人々の工事に伴う苦労や意気込み
がしのばれる。
========

s-CIMG1131

国指定史跡 大口筋・龍門司坂

(以下、看板より転記)
========

江戸時代の主要街道(薩摩では「街道」を「筋」と呼ぶ)のうち、鹿児島
城下を起点として北上し、白銀坂を通りか加治木で宮崎方面に向かう
「日向筋」と分岐して、大口を経由して熊本へ続く街道を「大口筋」
といいます。
龍門司坂は、杉木立と木もれ日、そして苔むした石畳の風情が美しい坂道
で、石畳敷きの平均幅は約四m、最大幅は七mあり、全長は一五〇〇mと
考えられていますが、集落内にある両端部は舗装されており、現在は山間部
の四八六・八mが当時の状態で観ることができます。
この石畳はあまり段差をつけない石敷きが特徴で、斜面に敷かれた石畳が
ずれないよう、縦に深く埋める石列を地形に沿って設ける工夫が施されています。
また、傾斜の強い場所などには側溝を設けるだけではなく。雨水が一か所に集中
してのり面を浸食しない工夫も随所にみられ、薩摩街道の中でも大規模に整備
された坂道です。
古文書『加治木古老物語』によると、龍門司坂は寛永十二年(一六三五)に造られました。
私領である加治木島津家が寛永八年(一六三一)に創設されていますので、藩直轄地であった
溝辺郷や加治木領であった竹子(たかぜ)地区と結ぶため、最初に手がけた大工事だったこと
でしょう。
古文書にゆるとこの坂は、「龍門司街道」、「だつもじ坂」、「龍門寺之坂」、
「たつもんし坂」などと表記され、近くに「往古龍門寺ト云寺有リ、於テ云」
と説明してある文書もあります。
龍門司坂の近くには敷設に使用した凝灰岩(ぎょうかいがん)、通称・樋ノ迫石(ひのさこいし)
の採石場があり、そこには加治木島津第四代久門直筆をいわれる「山神」の祠(ほこら)
が、作業の安全を願って建立されています。
おそらくこの頃、薩摩藩は領内において大規模な街道整備を実施したのでしょう。
加治木は栗野からえびの市につながる加久藤筋(かくとうすじ)や、そこから人吉
地方へ続く球磨筋(くますじ)なども大口筋同様につながっており、古代から中世
にわたり幹線道であった川内-蒲生-国分ルート上でもあって、また湊(みなと)では
中世から海外貿易や、産物の積み出しも盛んに行われていました。人や物、情報・技術
が行き交い、交易の街として繁栄してきた姿を龍門司坂は伝えているのです。
明治十年二月、西南戦争では大勢の見送りの人々に送られて、総数六千名とも
言われる薩軍兵士がこの坂道を登って熊本方面を目指しており、別府晋介に率いられた
六番(加治木隊)・七番大隊は大口筋を通って佐敷(熊本県芦北町)へ、西郷隆盛率いる
本営は加久藤越えから人吉へ向かっています。
========

s-CIMG1122 s-CIMG1121

NHK大河ドラマロケ地

(以下、看板より転記)
========

・翔ぶが如く(1990年)
・篤姫(2008年)
・龍馬伝(2010年)
========

s-CIMG1123

関連画像

s-CIMG1120 s-CIMG1124 s-CIMG1125 s-CIMG1128 s-CIMG1129 s-CIMG1130
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島を一人で孤独にバイクで探検しています。 もしこのページの記事の場所に行ったことがありましたら 行かれた感想などをレビューとしてコメントしてください^^