黒神の埋没鳥居

s-CIMG1171 s-CIMG1168

黒神の埋没鳥居

所在地

鹿児島県鹿児島市黒神町→黒神の埋没鳥居の地図

感想(レビュー)、見所

こういうところに来ると自然の力の強大さを感じます。

鳥居がこれだけ埋まるということはそれだけ噴煙、噴石

溶岩が噴出していたということなんですよね。

想像を絶する光景だったに違いありません。

毎日の様に爆発している桜島

これからも注意が必要ですね。

 

s-CIMG1169

埋没鳥居
(以下、看板より転記)
========
猛威を語りつぐ鳥居

-大正3年桜島大噴火で3mの鳥居が埋没-
大正大噴火の前兆は、すでに3日前から始まっていました。
島内いたるところで井戸が沸騰し、海岸には大量の死魚が浮き、地震が
断続的に起きていたのです。
安永噴火の言い伝えから、大爆発の「前触れ」と感じた人も多く、
村は騒然とした雰囲気に包まれました。
1914年(大正3)1月12日、午前10時5分まず西桜島赤水上が
黒煙を突き上げ、10分後には東桜島黒神の鍋山が大音響とともに爆発。
黒煙は上空7000mに達し、全島を被いつくしました。
間断なく轟く爆発音と火山雷、降り注ぐ噴石の雨、更に翌13日には溶岩の
流出が始まり、30億トンの火の波が瀬戸海峡を横断、桜島と大隅半島を
陸続きにしてしまったのです。ここ黒神でも全戸687戸が火山灰に埋没しました。
高さ3mの腹五社神社の鳥居は、笠木だけ残して辛うじて見えていましたが、
時の村長 野添八百蔵は、爆発の猛威を後世に伝えるため発掘の中止を指示。
そのままの形をとどめることになりました。
現在この鳥居は県の文化財に指定されています。
========

s-CIMG1167
黒神の地名の由来
(以下、看板より転記)
========

諸説あるが、一つは女性の髪の毛のようにふさふさした木が繁っていた
から黒髪と呼ばれていた。
また江戸時代の資料には黒に上を書いて黒上という字も残っている。
========

黒神校区
(以下、看板より転記)
========
1.埋没鳥居

大正大噴火により埋没

2.埋没門柱

大正大噴火により埋没

3.温泉の湧出(黒神温泉)

泉質は鉄分を含む

4.鎮守の森(スダジイの木)

腹五社神社周辺の森は、鎮守の森と言われ神様が宿ると
いわれている。
大正大噴火による降灰で、一時は全ての木々が枯れてしまった。
しかしシイは蘇り、桜島で最も古いシイの森となった。

5.鍋山

764年、天平宝字噴火の際に形成された。
大正大噴火の火口の一つである。
昭和の大噴火の際は、この鍋山のおかげで鎮守の森が守られた。

6.百年椿の木

この椿は大正大噴火を生き抜き、100年以上生き続けている。
椿は潮風に強く、防風林にもなり、秋には実が生る。
その種子を乾燥させ椿油が作られる。

7.腹五社神社

腹五社神社は昔、五社大明神と呼ばれていた。
神社に祭られている神様の一人は富士山の神様と同じであり、
薩摩藩主島津家に親しまれていた。
また安産のご利益がある観音様も祭られている。
========

s-CIMG1172
大正大噴火
(以下、看板より転記)
========

大正3年の大噴火は、数日前から地震が多く発生したり、頂上付近で
崩落が起こったり、あるいは海岸で急に温泉が吹き出すなどの予兆現象
がみられたそうです。
1月12日に始まった噴火で溶岩が大量に流れ出し、しばらくして反対側の
鍋山(黒神付近)中腹からも爆発が起こりました。
その後、爆発はますます激しくなって、噴煙は7千メートル以上にも達し、
火山灰があたり一面に降り注ぎました。
流れ出した溶岩は、幅2000m、高さ40mにもおよび、15日には
溶岩が海岸に達し、19日には島全体を覆いました。
ちなみに溶岩の速さは、毎時50cmで、この大爆発による噴出物の
総量は30億トンと推定されます。
約2万1千人の島民のうち、約半数の島民が移住を余儀なくされ、また
死者58名、負傷者112名、焼失家屋は2268戸と記録されています。
========

展示内容
(以下、看板より転記)
========

昔の本殿は、埋没鳥居と同じ大正3年1月の大噴火で完全に埋もれてしまった
そうです。
この神社は「原五社」とも書き、昔は五社大明神といわれ、寛政10年(1798)に
現在の地に祀られたと伝えられています。
桜島の鎮守として、月読命・彦火々出見命素蓋鳴命・鵜茅葺不合命などが祀られ
ているとのことです。
文献によると、旧二月十七日と九月十七日を例祭として、昔は「つるぎのまい」を
奉納していたと書かれており、また祭神が木花開耶姫で、富士山の祭神と同じで、
薩摩藩島津家の尊崇も厚かったそうです。
参道途中の左側に、幼子を抱いた観音様(子宝観音?・・・詳細は不明)が祭って
あります。
とても優しい、穏やかなお顔で左手に幼子を抱いた姿を見ると、心が洗われる
気持ちになります。
是非お参りください!
========

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島を一人で孤独にバイクで探検しています。 もしこのページの記事の場所に行ったことがありましたら 行かれた感想などをレビューとしてコメントしてください^^