黒之瀬戸大橋

s-CIMG0811 s-CIMG0815 s-CIMG0816 s-CIMG0820 s-CIMG0821

黒之瀬戸大橋

所在地

鹿児島県(長島町山門野-阿久根市脇本)→黒之瀬戸大橋の地図

感想(レビュー)、見所

カメラの望遠で渦を確認することができました。

この渦が昔はやっかいで人命が奪われたり

あったみたいです。

鹿児島にもこういう場所があったんですね。

s-CIMG0825

黒之瀬戸海峡の渦潮
(以下、看板より転記)
========

黒之瀬戸海峡は、古来から「一に玄海・二に鳴門・三に薩摩の黒之瀬戸」
といわれ日本三大急潮のひとつであります。
この海峡は、阿久根市と長島町の間、八代海と東シナ海を結ぶ最小幅330m
の海峡で潮の干満によって潮流が発生し、特に春分・秋分の大潮時は最大
8ノット(約14.4km)の急潮となり大小の渦潮が発生します。
一日に4回の干満を繰り返しますので急潮の醍醐味をご満喫ください。
昔、阿久根市との往来は黒之瀬戸港と黒之浜港の間を小さな木船での航行で
ありとても危険を伴ない、嵐の夜など時には人の命が奪われたことも
あったようです。
昭和35年10月からカーフェリーが就航しておりましたが、昭和49年
に町民悲願の黒之瀬戸大橋が開通し、「島」から「半島」となりました。
========

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島を一人で孤独にバイクで探検しています。 もしこのページの記事の場所に行ったことがありましたら 行かれた感想などをレビューとしてコメントしてください^^